COLUMN

成功転職コラム

キャリアアップ

2019.3.18
キャリアアップ

身に付けた経験を活かせない、今の環境ではやりがいを感じられない、成長が望めないと思い、焦りを感じてしまう事があると思います。事実、この要因により転職される方は非常に多く存在しています。では、ご自身にとってキャリアップとはなんでしょうか?
自己分析が進まない状態で転職活動してしまうと本来の目的を見失ってしまう方もいらっしゃいます。さて、キャリアップをするにはどうすれば良いか考えてみましょう。

 

 

キャリアをチューニング

「キャリアアップ」とは、特定の分野について今よりもさらに専門的な知識を身に付け、能力を向上させて、経歴を高めるということです。転職によって現職より収入が多い仕事を得たり、ポジションが上がったりするなど、自らの市場価値が高まることも指します。
いずれにせよ、仕事の幅や裁量を広げることがキャリアアップだといえるでしょう。
「部下を持ち、マネジメントにも携わりたい」「システムエンジニアから、上流工程に携われるコンサルタントになりたい」といった転職動機が、キャリアアップに該当するいい例です。
物事の全てには動機付けがあります。 「何かをしたいから何をしなければならない」という意思が潜在的に紐づけられているはずです。 ご経歴を振り返ってみてどの特定の分野をさらに成長させたいのかをチューニングしてみましょう。闇雲に行動しても焦りや不安が募り、膨大な情報ばかりで時間の浪費に繋がります。 同業界で専門性を更に特化したいと考えれば、自ずと動機が明確になってくるのではないでしょうか。

 

 

スキルアップとキャリアチェンジ

「キャリアアップ」と近い意味合いで使われる言葉に、「スキルアップ」があります。「キャリア」は「経歴」を表す言葉であるのに対し、「スキル」は「技能」「能力」を表す言葉である、という点が大きな違いです。営業経験を積み、顧客開拓の方法や効果的なアプローチといった技術を習得して営業力が上がったという場合などがスキルアップに該当します。
また、「キャリアチェンジ」も転職市場でよく使われる言葉です。キャリアアップと混同されがちですが、意味はまったく違います。
キャリアチェンジは、「ずっと小売店で販売業をしてきた経験を生かして、営業職につきたい」など、異職種・異業界に未経験からチャレンジすることを指します。「やりたい仕事が具体的にあるわけではないが、今の仕事にはやりがいが見いだせないので、違う環境に身を置きたい」というパターンもキャリアチェンジの一種でしょう。

 

 

退職しない

従来、キャリアアップというと、現在働いている会社の中で少しずつ専門知識を増やし、習熟していくというイメージでしたが、近年は「現在の会社を退職して、新たな仕事にチャレンジする」という、「転職」に近い言葉として使われることが増えています。もちろん、ひとつの会社に残って成長し続けることも立派なキャリアアップです。

ページトップへ