COLUMN

成功転職コラム

キャリアチェンジ

2019.3.25
キャリアチェンジ

キャリアチェンジという言葉は聞くけども、実際はどういう事?と考える方もいらっしゃることでしょう。 UターンIターン転職、ライフイベント、急な退職等で今までの経歴と異なる仕事に就く事が一般的な定義になるかと思います。
新たな環境、新たな仕事、新たな挑戦なので迷いや不安になるのは当然の事です。では、それに備えて準備する事がとても重要になりますので、一つ一つクリアしていきましょう。

 

 

動機付け

他のコラムでも書きましたが、動機付けとして、「やりたいこと」、「目指していること」を書き出してみましょう。
・営業職からエンジニアになりたい。
・小売りからデザイナーになりたい。
・技術者から農業をやりたい。
いずれも全く異なるキャリアへの転職希望ですが、「なりたい」「やりたい」「何を目指している」だけでは、スムーズな転職は難しいです。では、どのようにすれば異業界に転職出来るのでしょうか?
「なりたい」「やりたい」「何を目指している」をそれぞれ具体的に分かりやすく書き記してみましょう。
分かりやすく自己分析が難しい場合には、「やりたいこと」「なりたいこと」「何を目指している」に対し、WHY__?を使って考えてみましょう。
学生の頃に”Why _? — Because _.” 「なぜ~~~? なぜならば(理由は)~~~です。」と授業を受けた記憶があるかと思いますが、これを思い出しつつ「答え=理由」を導き、出た「答え=理由」をWHY? また次のWHY?と書き進めていくうちに本当の「答え=理由」が出てきます。
まずはここでなぜキャリアチェンジしたいのかという「答え=理由=動機付け」を明確にしましょう。
「やりたいこと」、「なりたいこと」「何を目指している」という動機付けが大事な「きっかけ」「気付き」になり、明確なキャリアチェンジの目標に繋がります。

 

 

強みの棚卸しと情報収集

一定期間の経験を積めば、ある程度のスキルが身に付いています。そのスキルを異業種で活かす方法は必ずあります。人事・人材用語でいう「ポータブルスキル」という能力です。
業種や職種が変わっても通用する、持ち出し可能な能力のことで、マネジメントスキルやリーダーシップなどもそのひとつです。
キャリアチェンジでは、「今までの経験を生かせない」という不安から、迷いを感じる方も多いかもしれませんが、この「ポータブルスキルを活かして働く」という観点から一度考えてみるのはいかがでしょうか。
そのためには、まずはあなたのポータブルスキルが何かを理解する必要があります。
今までの職歴を振り返って、ご自身にどのようなスキルや強みがあるのか?を整理し明確にしていくのです。これが『強みの棚卸し』です。これまで経験した仕事内容だけでなく、それを通して身についた力や、どんなことが得意なのかなど、思いつくままに書き出してみてください。
書き出すことによって、共通して発揮されている力があることに気がつきませんか?
それが強みであり、「ポータブルスキル」である可能性が高いのです。
新たな業界にチャレンジするにあたり、100%スキルが活かせるのか? 70%スキルが活かせるのか? それとも30%スキルが活かせるのかを知る為に、ご自身のスキルを棚卸ししてみてください。

次にチャレンジしたい業界の情報収集です。ご自身のご経歴が異業種で存在するのか?
待遇はどうなのか? ニーズはあるのか? そもそも通用するのか?を、各種媒体から情報収集、企業説明会参加、転職エージェントに相談等を行いましょう。

情報収集することにより、チャレンジは想定内なのか想定外なのかがある程度見え、リスクヘッジが可能になります。これでご自身が「やりたいこと」「なりたいこと」「目指していること」を達成する為にクリアすべき諸条件が分かりやすくなります。
一方で、譲れない新たな軸の発見や、想定外の選択肢や、「自分の能力を活かした、他の選択肢は考えられないか?」という新しい視点を持つきっかけにもなると言えます。

単にキャリアチェンジする・しないの決断のためではなく、理想と現実のギャップを埋め、あなたにとって、より現実的な選択肢を、多面的に探していくために、「強みの棚卸し」と「情報収集」はあなたの助けになると思います。

 

 

大丈夫

棚卸しもした。準備もした。情報収集もした。勉強もした。説明会も聞いた。練習もした。OBからの情報も知った。だけども不安を取り除く事がどうしても出来ない。ということはあると思います。
このコラムをご覧になった方は少なくとも未来に向けて何かをしようと思った方だけがご覧になっていると思いますが、今、ご自身がライフプランのどの場所にいるのか、今後どういうライフプランを作って行きたいのかを今一度振り返ってみましょう。
「老後の生活を充実させるために投資や貯蓄を頑張る」「将来独立したい」「とにかく逃げだしたい」「家族を幸せにしたい」「自分らしく生きたい」どれも正解だと思います。
いずれかを選択したことで失敗する事もあるでしょうし、成功する事もあるでしょう。ですが、最終的に結論を決めたのは自分自身でしかありません。
周囲の様々な情報を理解し、スキルも理解した。
さぁ、準備は整いましたので後は行動するだけです。
大丈夫。きっと上手くいきます。大丈夫。

ページトップへ