COLUMN

成功転職コラム

成功する履歴書

2019.4.1
成功する履歴書

履歴書は今までのご経歴に自己満足する書類でもありません。 採用担当者、人事担当者が見て見やすい内容にする必要がありますので、作成中はご自身の後ろに誰かに見られていると思いながら書くと、受け取り側を意識した内容の履歴書になります。 以前は手書きの履歴書、職務経歴書を提出していた方もいらっしゃると思いますが、 最近はドキュメントデータで送るのが一般的となっており、添付する写真もデータで送るのが良いでしょう。

 

 

学歴記載時のポイント

学歴欄を書く際には高等学校から始めて、入学、卒業をそれぞれ時系列に記載し、省略して書かずに正式名称で記載してください。中退がある場合には、「家庭の事情により中退」等と理由を簡潔にするのがポイントです。 年月日は元号か西暦かを必ず統一するようにしましょう。

 

 

職歴記載時のポイント

学歴と同じように入社、退社を時系列に書き、社名や部門は省略せずに正式名称で記載してください。経歴途中で異動、出向、事業譲渡、買収等があった際にも時系列で丁寧に書きましょう。転職が多い方や異動等で書き切れない場合は「詳細は職務経歴書に記載」としましょう。

 

 

写真のポイント

清潔感のある笑顔の写真が望ましいです。稀にポートレート写真の方がいますが、これはNGです。 写真もデータ化が進んでいます。写真を糊付けでも構いませんが、必ず写真の裏には氏名、生年月日の記載を忘れずにお願いします。 意外と届いた頃に剥がれ落ちており、写真が無い事が少なからず発生している為です。

 

 

資格欄のポイント

所持している資格を時系列に記載してください。 現在、勉強中や資格取得中があれば、取得目安時期を書くと面接の際に質問されることがあり、話題に繋がりやすい事があります。

 

 

志望動機のポイント

なぜこの仕事を志望したのか、なぜこの会社を志望したのか、自分の言葉で明瞭簡潔に記載しましょう。そして貢献できる内容を自身の言葉で明瞭簡潔に記載しましょう。 詳細内容は職務経歴書でも構いません。

 

 

英文レジュメのポイント

カバーレターはA4で2枚程度までにし、氏名、アドレス等の連絡先、志望動機、所有資格、所有スキル、現職(前職)を順にして記載してください。 尚、生年月日、年齢、性別、写真、通勤時間、配偶者有無等の記載は不要です。

ページトップへ